ブルグミュラー

2018年06月05日

アラベスク



pianolessonfame at 20:31|PermalinkComments(0)

2018年05月25日

貴婦人の乗馬



pianolessonfame at 22:41|PermalinkComments(0)

2016年02月27日

ブルグミュラー「25の練習曲」の魅力について!


ピアノ経験者に「ブルグミュラーと言えば何を連想しますか?」という質問をすると、「25の練習曲」とか曲集の中の曲名を答える方が多いと思います


以前も書きましたが、日本のピアノ教育でこの教本を扱うピアノ教室は本当に多いです


その理由と共に25の練習曲の魅力をお伝えしたいと思います





人気の秘密その1 曲に題名がついている


ブルグミュラーは音楽の時代だとロマン派に当てはまり、当時の特徴である「標題音楽」を取り入れ、一つ一つの曲にタイトルをつけています


練習曲なので一曲一曲に習得すべきテーマがあるのですが、標題があることで曲のイメージやストーリーを想いながら表現力も磨くことができます


たとえば、「子供の集会」 「無邪気」 「お別れ」 「おしゃべり」 「貴婦人の乗馬」などの標題がついています


これらは曲のイメージが簡単につきますよね


「アラベスク」 「スティリアの女」 「タランテラ」あたりは、意味をちょっと調べないとピンと来ないかもしれません


またこのタイトルは出版社によって微妙に違ってきます


「子供の集会」=「小さな集会」

「おしゃべり」=「おしゃべり娘」

「スティリアの女」=「スティリエンヌ」

「貴婦人の乗馬」=「乗馬」


などです



人気の秘密その2 曲の長さがちょうど良い


25の練習曲はどれも1ページ、もしくは2ページの曲です


この長さだと他の宿題があっても負担が少ない状態で譜読みできますし、ちょっとした時間や気分転換に弾くのにもちょうど良いですね


また、調号も少ないので(25曲中19曲は調号なしか♯、♭共に1つ)これも人気の理由として言えると思います





一曲ごとの魅力を取り上げるとまだまだたくさんの人気の秘密があると思います


それぞれの秘密を探るのもピアノを楽しんで弾くためのエッセンスです





☆おまけ☆


実はブルグミュラー25の練習曲は続きがあります


・18の練習曲

・12の練習曲


この2つの練習曲は難易度が上がりますが素敵な曲でいっぱいですよ





pianolessonfame at 22:45|PermalinkComments(0)

2016年02月21日

ブルグミュラーってどんな人?


みなさん、ブルグミュラーという作曲家を知っていますか?


「弾いたことがあるっ」とか、「今習ってるよっ
という方、けっこう多いと思います


もしかしたら、曲を聴いたら
「あ~、この曲ってブルグミュラーって人の曲なのか
って思う人もいると思います


日本では、ピアノ教則本「25の練習曲 Op.100」がとても有名で、教材として取り入れている教室が多いです


Piano Lesson FAME でも生徒さんに合わせて使っています


そんなブルグミュラーさんの事を少し紹介しますね





フリードリヒ・ヨハン・フランツ・ブルグミュラー(名前長いですね・・・笑)は、1806年12月14日にドイツで生まれた作曲家・ピアニスト・教育者です


音楽一家で、お父さんは音楽監督、お兄さんはチェロとピアノを演奏しました


また弟もいて、彼も作曲家・ピアニストとして将来を有望されていましたが、26歳という若さで亡くなっています


弟の死をメンデルスゾーンやショパン、シューマンなどが惜しみました



ブルグミュラーは、1832年(26歳)からフランスのパリを中心に活動をしはじめました


当時のパリは芸術活動がとても盛んで華やかで、各地から芸術家たちが集まってきたんです


たとえば、ショパン(ポーランドから)やヴァイオリニストのパガニーニ(イタリアから)もパリで活動したんですよ


ブルグミュラーはピアノ教師をしながら作曲活動にも励み、ピアノ曲以外にオペラ、バレエ音楽などを作曲しました


そして彼の活動は国王に認められ、フランス帰化許可状が与えられ、国王の子どもたちにもピアノを教えたそうです


パリで成功したブルグミュラーは、1874年2月13日、68歳で亡くなりました





いかがでしたか?



ブルグミュラーという作曲家について少しでも知って頂けたら幸いです (*´∇`*)









pianolessonfame at 22:36|PermalinkComments(0)