2016年02月22日

今日はCATS DAY♪


今日は2月22日ネコの日ですね


ネコと言えば、北海道四季劇場で公演している劇団四季のミュージカル「CATS」が、千秋楽まであと1ヶ月をきりました


「CATS」はすごく大好きな演目なのでとても残念です


この物語に出てくるネコは一匹一匹に独特な名前と個性、そしてドラマがあります


たとえば


頼りになるリーダー猫・・・マンカストラップ


きれい好きで優しいおばさん猫・・・ジェニエニドッツ


コミカルな泥棒猫コンビ・・・マンゴジェリー&ランペルティーザ


夜行列車で一緒に旅する鉄道猫・・・スキンブルシャンクス


プレイボーイな猫・・・ラム・タム・タガー


マジックが得意な猫・・・ミストフェリーズ


などなど、魅力的なネコさんたちがたくさんいます


みなさんはどんなニャンコが好きですか?



北海道四季劇場の次回作は「ウィキッド」ですね


一度は観に行きたいと思ってます









pianolessonfame at 23:15|PermalinkComments(0)Diary | Cat

2016年02月21日

ブルグミュラーってどんな人?


みなさん、ブルグミュラーという作曲家を知っていますか?


「弾いたことがあるっ」とか、「今習ってるよっ
という方、けっこう多いと思います


もしかしたら、曲を聴いたら
「あ~、この曲ってブルグミュラーって人の曲なのか
って思う人もいると思います


日本では、ピアノ教則本「25の練習曲 Op.100」がとても有名で、教材として取り入れている教室が多いです


Piano Lesson FAME でも生徒さんに合わせて使っています


そんなブルグミュラーさんの事を少し紹介しますね





フリードリヒ・ヨハン・フランツ・ブルグミュラー(名前長いですね・・・笑)は、1806年12月14日にドイツで生まれた作曲家・ピアニスト・教育者です


音楽一家で、お父さんは音楽監督、お兄さんはチェロとピアノを演奏しました


また弟もいて、彼も作曲家・ピアニストとして将来を有望されていましたが、26歳という若さで亡くなっています


弟の死をメンデルスゾーンやショパン、シューマンなどが惜しみました



ブルグミュラーは、1832年(26歳)からフランスのパリを中心に活動をしはじめました


当時のパリは芸術活動がとても盛んで華やかで、各地から芸術家たちが集まってきたんです


たとえば、ショパン(ポーランドから)やヴァイオリニストのパガニーニ(イタリアから)もパリで活動したんですよ


ブルグミュラーはピアノ教師をしながら作曲活動にも励み、ピアノ曲以外にオペラ、バレエ音楽などを作曲しました


そして彼の活動は国王に認められ、フランス帰化許可状が与えられ、国王の子どもたちにもピアノを教えたそうです


パリで成功したブルグミュラーは、1874年2月13日、68歳で亡くなりました





いかがでしたか?



ブルグミュラーという作曲家について少しでも知って頂けたら幸いです (*´∇`*)









pianolessonfame at 22:36|PermalinkComments(0)Music | Piano Lesson FAME

2016年02月20日

ネコの気持ちを撮ってみました!

驚いたり・・・





160121_2033~04





困ったり・・・





160206_2132~02





くつろいだり・・・





160122_2122~03





何かを伝えたかったり・・・





160119_0130~01





表情豊かなメインです


私たちもいろいろな音色でピアノを演奏できるとステキですね


ちょっとした小さなことでも感動できる感性を一緒に磨きましょう





おまけ





160203_1712~01





ピンボケしちゃったんですが、毛づくろい中のメイン


ニャンコの舌ってけっこう長いんですねΣヾ( ̄0 ̄;ノ 決定的瞬間(笑)







pianolessonfame at 21:23|PermalinkComments(0)Cat